どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
最終役員面接受けてきたよ
とりあえず、手応えあり!と言っておこう。
よく腹壊すくせ、割と緊張にも本番にも強いのだ。
と、自分で自分に言い聞かせて臨むのだ。


ってかさ、朝からkmmt県まで車走らせてたら、
面接先の企業から電話!
何事かと思って、SAで車止めて折り返しかけてみたら、

人事『Webテスト受けましたか?』


…忘れてたーーーーーーーーーーーーーーー!!!!


すっかり忘れてました。
元々面接日が9日だったんですけど、
先週木曜に電話来て急に今日に変更になったので、すっかり。
とりあえず、会社に着いたら僕だけ待合室から連れ出されて、
その場でWebテスト。
終わり次第そのまま役員面接。
心の準備なんてしてる時間なし。
ひぇぇー。


面接はといえば、
・志望動機
・他にどこ受けてるの?名前上げて
・5社全部受かったら選ぶ基準は?

ってきました。
まぁ、ここまでは研究内容とかやりがい、責任感の話です。
んで、そこから話が教職に移ります。
・教職受けるんだったら、内定もらっても7月8月まで返事出せないの?

ってなって、
はい、申し訳ないですが、決めあぐねてます。
と答えました。
ぶっちゃげ、ここは製品を製造するための装置を作ってる会社で、
志望理由が、川で言うところの上流のような、樹形図の根っこのような、
より、源流に近い、世の中に広く影響を与えることのできるので、って話をしました。
同じ理由で教師は、生徒の将来に影響の与える事のできる立場で、
自分で物事を成したいのか、生徒たちが物事を成す手助けをしたいのか、
迷っています、
と話しました。


この点は、僕の考えと違ってないし、全然いいんですが、
やはり企業側としては第一志望ですって学生を採用したくなるよなぁって。
嘘なんてつきたくないし、多分嘘ついてもどっかでボロが出て失敗するし、
今日の面接は自分で納得満足なんですが、やっぱ落ちるのはイヤです。

同じ面接に来てて仲良くなった人は、
最後の質問コーナーで、
『内定もらったあと、どのくらい待ってもらえますか』
と聞いたそうです。
2週間だって。
俺、7月8月まで待ってって言っちゃった!
通常の8倍の期間待ってって言っちゃった!
これはどうなんだろう笑
ちょっと難しそうな気がするぞぉ。


他の質問は、
・特技の利きコーヒーって何?
 →コーヒーについて語る。
 ・この前ハイチで地震あったけど、あそこのコーヒー飲んだことある。
 →ありません。
・子供好きなの?
 →はい、塾講師・家庭教師・水泳のインストラクターの経験があります。
 ・何が楽しい?水泳の経験って?
・SPI試験、点数は内緒で言えないんだけど、
 理系で数字よく取れてるのはわかる。
 でもその他もすごく良いよね。
 なんで学校の英語の成績は悪いの?
 →朝一の科目で何度も寝坊しました。
 ・なるほど、出席がいる科目なのか。(何か妙に納得された)


っていうような、雑談チックにすっごい和やかなムードで終了。
あー、働く上で何を一番重要視するかとかも聞かれた。
やっぱ、採用は競争だから他の人達の面接内容も見てみないことには分からないんですけど、
結構手応えはある。
Webテストの受け忘れと、志望度を第一志望と言えなかったのと、内定のお返事8倍長く待ってくれプリーズさえ除けば。
上3つさえ除けば。
除けば。
除けば…



帰りは、せっかくkmmt(この表記法がマイブームなのだ)まできたんで、
そのまま阿蘇まで行って大観峰まで行きたかったんですが、
夕方から塾バイトだったので、我慢して、我慢して下から仰ぎ見て帰りました。
勢いあまってスタバは2件ハシゴしちゃったぜぃ。

結果発表は10日以内に、電話か書面で連絡らしい。
絶対、電話=合格、書面=不合格だこれ。
あー、ドキドキだぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。