どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
いつかの続きのお話
先にこちらからどうぞ
http://aquitter.blog10.fc2.com/blog-entry-824.html
http://aquitter.blog10.fc2.com/blog-entry-827.html
http://aquitter.blog10.fc2.com/blog-entry-828.html
http://aquitter.blog10.fc2.com/blog-entry-842.html



@@@あらすじ@@@
1月:そこまで親しいわけではない同級生の女の子から2万円貸してくれメール。
1月:貸した数日後、1万円貸してくれメール。
2月:久々に近況報告メール
3月:音沙汰なし
4月:2か月半ぶりのメール、はてさて内容は・・・
@@@@@@@@@@



ってわけで、この話も進展があったのでご報告。
昨夜24時過ぎに久しぶりにメールが届きました。
内心、返す当てがたったのかなーって中身を見てみると…


久しぶりーから始まり、
3万か4万借りてたよね??
最後のお願いがあるっちゃけど、2万5千円借りれないかと…
以下略


なんかいろいろびっくりした。
まず、借りた額正確に把握してない時点でびっくりした。
で、さすがに理由を聞いたわけです。
そしたら、友達にお金貸しててその友達と連絡つかなくなったらしい。
で、携帯も止まりそうでやばいんだと。
昨日はそのまま3時前になったんでいったん話打ち切って、
今朝会って話聞いたんですが、
友達名義で携帯を契約したらしい。
多分、良くある一緒に登録すると相当安くなるってやつのことだと思うけど良く分からん。
で、利用料は一括で払うことになるらしいんやけど、
その友達が途中から払わなくなったか振り込まなくなったかで、
一括で携帯止められたらしい。
で、仕事でも使うからって立て替えたらしいけど、
その辺から音信不通なんだとさー。
んで、貸してくれって俺に来たらしい。


僕としては、まぁ、いまいち信用できなくなってるわけです。
けど、本当に困っててどうしようもなくなってるんだったら、
金貸すくらいでちょっとでも助かるならって思うじゃないですか。
僕なんか他に何もできないですし。
うすうすだまされてそうな気もするけど、
もしかしたら本当に困ってていっぱいいっぱいなのかもしれないじゃないですか。
自分の"人助けしたー"みたいな自己満足もあるんですけどね。
で、結局貸しました。
来月から毎月1万ずつ返済するらしいんで、期待します。


でもねー、なんで借りる対象が僕なのかがいまだにわからん。
そんな親しい仲ってわけじゃなかったと思うんやけどなぁ。
年に数回飲み会するくらい。

まー、次進展あったらまた書くはずですので、それでは。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。