どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
久々に助っ人した
今日は家庭教師の日。
もうすぐ私立本番です。
この子は私立本命です。
やー、本人は当然でしょうけど僕まで緊張してきますね。
落ちたらホント、僕の責任ですよ。
ドーしてくれる。ひゃー。
代われるもんなら代わって受けたいです。
残り時間でやれるだけやらないと・・・!!
あー怖い怖い。


で、22時半ごろ家庭教師宅を出まして、その足でスタバに行ったんです。
人事考課が近々あるんで書類の準備に。
んで、店長さんと世間話してたら、
その場でどーも1人シフトに来れなくなったらしい。
で、こんな時間に代わりの人なんておらず、
その場にいた僕が入ることに。
久々に助っ人頼まれると少し嬉しくなった。
個人的に今日のシフトは結構良く働けていたと思う。
まぁ、自分で満足しているうちはまだまだって事をしっかり自覚していないとですね。
で、今日私服で来てたんですけど、
靴とズボンはドレコでも使える奴なんで大丈夫だったんです。
でも上の服が使えない奴でどーすんだとか思ってたら、
ジャンバー着てくれってなった。
うちの店、夜寒いときようのジャンバーあるんです。
なるほど!っては思ったけど、一人なんか違和感あったような。


そんなこんなで、先ほど帰ってきてラーメン食べたらこんな時間。
今日は昼に起きたら学校行こう、そうしよう。
ではお休みなさいませ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。