どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
雨傘と日傘の二刀流。今日は曇りで完全敗北。
「サナギさん」は面白いと思う。


もしさ、生地の表面が100度越えるくらいの服があったとしたら、
雨の日カサいらなくない??
表面で雨水がジューって蒸発する画期的な新技術。
いや、危ないから却下なのはわかるんですけど、
そろそろカサとか雨合羽からもう1ランク上の道具が出てきてもいい気がする。
これだけ技術が進歩してて江戸時代くらいから
あんまり形体が変わってませんよね。
撥水性とか、素材面では変化あるかもなんですけど、
ここらで大きな転換期が来てもいいんじゃないかと思うのです。
牛車→自動車くらいな。

そういうのを窓から外眺めながら考えてました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。