どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
受かったああああぁあああああぁっぁぁぁぁぁぁぁぁl
と、思う。



面接受けた感じ、なかなか好印象。
噂では、面接前に採点して合否は決まってるらしい。
で、ぎりぎりきわどい奴を判断するための面接らしい。
面接が長い人は今後についてがあるらしい。

そんな噂の中で面接受けて来ました。
10人以上の教授たちに囲まれての逆集団面接。
おもに、テストのでき具合と、
問題の感想とか、自己分析についての質問でした。
大学院入学についてはあまり触れてないかな。
まったく勉強してなかったけど、良く出来てる発言をもらって、
どれくらい点数とれてるかって質問とか来たけど、
数学このくらい、電気回路このくらいとかいったら、
自己分析ちゃんとできてるね発言もらって、
なんか良さげ。
退室するとき、扉をゆーっくり閉めて、
先生たちのコメント聞いてみたら、
いいね的なのが聞こえたような聞こえなかったような。
幻聴かもしれん。



そんなわけで、来年も学生な感じかなー!!
これで落ちてたらひどい先生たちだ。
上げて上げて上げて、、、、落とす。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。