どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
初、路上運転
本日、初の路上運転して参りました。
しょっぱなから事故るわけにはいきません。心して挑むしだいであります。

最初が肝心です。ボクシングでも最初の1発でリズムに乗るといいみたいです。はじめの一歩で勉強しました。と言うことで、先制のジャブを打つべく車の助手席に乗り込みます。そして、担当の教官が車の運転席に乗り込みました。教官が案内がてらに運転するのかと思いきや、
「車の点検して、路上走ろうか」
なんと、即自分が路上を運転するはめに。先制のジャブどころとか、ワン・ツーから顔面にストレート食らった感じです。

しかし、ここでめげてはいけません。意を決して教習所から出ます。出るんですが、出られません。車と人だらけです。彼らのプレッシャーは相当なものでなかなか手が出ません。数分後、どうにかこうにか教習所を脱出。しかし、ここは公道。40kmだせと教官が仰います。無理です。普通の中学生に160kmの速球が打てるわけがありません。ましてや僕は小学生並のチキンハートの持ち主です。前には全く車はありません。後ろは長蛇の列。行列の出来る車になってしまいました。

ですが、ここは天才とも言われる我がドライビングテクニック。すぐに公道を走る技術をマスターし、踏み切りだろうが信号だろうが、お構いなしに突っ切ります。せっかく時速30km規制を40kmで飛ばしてるのに文句を言う教官。あなたにレーサーとしての心はないようです。


結論。今日はAT車でやっとこさっとこヒィヒィだったけど、MN車は無理ね、無理。とにかく今は無理。あれにクラッチ、ギア操作が入るとか、何考えてるの?わけわからん。頭がもう1個いるし。無事免許とれたとして、将来絶対事故起こすね。間違いない。ここをご覧のあなた、将来の被害者にならないように祈っております。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。