どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
読書感想文vol.2
ガリレオの2巻が読み終わったー。
昔の映画のキャッチフレーズで、
『読んでから見るか、見てから読むか』ってのがありました。
うろ覚えなんですけど、だいたいこんな感じ。
僕としては、読んでから見るほうがオススメですね。
見た後だと、湯川が全部福山雅治ですもん。
それはそれでいいんですけど。


でもまぁ、テレビで見て大体の犯人とかトリックとか分かってるんですけど、
楽しんでます。
たまに、犯人とかストーリーとか違ったりもして面白い。
小説は短編短編の集まりなんですが、
短編の終わり方が、その後の話を想像したくなるようなのが多くて、
想像するのが面白くもあり、その後の話も書いて欲しかったってのもあり。
ブラックジャックを思い出した。


で、次読む本を買いに行ったわけです。
普段、僕は買い物するときはあらかじめ買う物をだいたい決めてから行くんですが、
今日は、全く何の目星もつけずに行ってみました。
とりあえず、希望としては外国人作家。
特に理由はないんですが、日本人作家は敬遠しがちです。
で、ガリレオ2冊読んで推理小説はやめとこうかなーとか、
恋愛物読む気分じゃないしなーとか、
そんなこんなで40分くらい経って、
結局今回は冒険アクション物にしました。
『南海のトレジャーハンター』って本。
祖父からもらった一対のカフスボタンには、莫大な遺産が眠る場所が記されていた・・・!!
しかし、片方を盗まれてしまう。
片方に緯度、もう片方に経度が記されてるらしい。
で、行く手には大きな謎と、欲望に取り付かれた男が・・・
って話らしい。
背表紙によると、新鋭さんが書いた小説らしく、面白いかどうかは分からない。
勝手にパイレーツオブカリビアンみたいな想像中。
さっそく明日から読んでみよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ガリレオは面白かったらしいですね。
自分も機会があったら見てみたい。
2008/01/24(木) 14:06:15 | URL | ありる #-[ 編集]
なんなら貸しますよ。
2008/01/24(木) 21:25:06 | URL | ガラ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。