どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
正直者が馬鹿を見る-前編-
12月14日、僕はたまたま大学の講義関係の掲示板を見に行きました。

「冬休みの集中講義出たかな~」


結果↓



教育相談
12月3日 12月10日 12月17日




12月3日 12月10日 12月17日





12月3日 12月10日 12月17日






すでに2/3終わってるー!!




あろう事か、1日5限で2日分をすでにすっぽかしています。
すでに出席足らずで単位もらえそうにありません。


しょうがないので17日の最後の講義の日に先生に泣き寝入りする事に。





僕「すみません、先週と先々週の講義出席してないんですけど、なんとかなりますか?」




先生「今日の最後でテストするけど、点数十分あったら大丈夫よ





マジで?





先生「ぶっつけ本番で解けんとは思うけどね」





だろーね。





先生「それと、今日全員にプレゼンしてもらうから昼までにテーマ書いて提出してね」




!?





さぁ、僕の運命や如何に?
続きは明日の更新で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。