どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
おかしな九州大会記その3
この記事は
おかしな九州大会記その0 category by 古きよき(?)思い出に
おかしな九州大会記その1 category by 古きよき(?)思い出に
おかしな九州大会記その2 category by 古きよき(?)思い出に
からご覧になる事をお勧めします。


前回までのあらすじ
ついに学校を脱出し、小倉駅へ到着した一行。
ちなみに、ここまでの内容は4時間半です。
さて、小倉駅を出て1人びっくりです。

モノレールがあるんですねぇ!!モノレールにも乗れーるなんちって。

田舎丸出しです。



ホテルまでは徒歩10分なんですが、

モノレールでは2駅分です。

しかも男顧問がしきりに乗ろう乗ろうと勧めてきます。



男顧問「モノレールあるってよ。乗らんと?ホテルまであるらしいけど乗らんと?ついでに乗らんと?モノレール乗らんと?乗らんと?乗らんと?」



そんなに乗りたいのなら1人でどうぞ



恨めしそうな男顧問を尻目に、ってゆうか無視気味でホテルを目指す一行。



ってかやたらと階段が多いですよね。

駅から上って下って歩道橋やら階段だらけです。

運動不足な都会人はこうやって足腰鍛えてるんだー

と実感しました。

実に理想的ですよね。

無理矢理でも階段を毎日歩かせることにより日頃の運動不足を補うとか。

ただきついだけじゃねーか



そして暑い中、階段を上り下り、汗かき汗かきようやくホテルへ到着。

ホテルは期待はしてなかったけども、

あまりクーラーもきいてないし、まぁこんなもんかな~くらいのところ。

この後、明日の試合のために試合会場にアップって事で泳ぎに行くので

ひとまず顧問の部屋に全部荷物を入れて、また小倉駅へ。

その際に
テレビに入力端子の差込口があることをチェック!!

あってよかったよかった。

なかったらどうしようかと途方にくれた3日間になるところでした。

ホテルについて20分後、ホテルを後にしました。

再び小倉駅に到着。

今度は切符を買って会場近くの駅まで行きます。

切符を買って…

切符…





なんかどっかであった展開です。





財布がねぇっ・・・

やっぱどっかでみたような…

ど~もホテルに置いてきたようです。



お金は部員の「ドン」に借りたので無事解決。

お留守番は免れました。



電車で25分、駅から徒歩20分で会場です。

暑い中、テクテクテクテク会場まで歩きます。

途中でタクシーが何台も追い抜きました。

他校は豪勢だなぁ

なんか惨めです。

ってかアレですね、都会人式健康法。(負け惜しみ)





ようやく会場に到着し早速場所取りです。

日陰とらないとやってられませんからね。





さて、持ってきた荷物をあけて見てびっくり。

僕「あーーーーーーーーーーーーーっ!!」

何を見たのか…



それは…





何も見なかった。



ようするに、

リッパがねぇ



この光景もどこかで見たような気がします。

コレがよく聞くデジャヴですね?





さて、アップがてらに泳ぐわけですが、

やっぱりどうも九州大会という気がしません。

なんかつまらんなぁと思いながら、

となりのちょっとカワイイ女子2人組(右が特にカワイイ)の話に聞き耳を立てていると、



左の子「
調はど



右の子「な
かなよかけ、明は1分10秒は出そうよ~」



な、訛ってるー





この瞬間、僕は九州大会を実感しました。

かわいかったからよしとしましょう。





そして一行は練習を終え、ホテルへと帰りました。次回へ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。