どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
セブンスドラゴン2020感想
さて、セブンスドラゴン全クリしましたので感想をば。

以下ネタバレあるので注意です。
果たして誰が見に来ているのか!?
とか、思ったりしますが、まぁいいのです。




諸データ
総プレイ時間:44時間2分
状況:裏ボス撃破、アイテム(ほぼ)コンプ
メンバー:サムライLv92
     トリックスターLv91
     サイキックLv91

でした。
さくさく進めて難易度も程よく、プレイしやすい感じ。
序盤も、全滅するかどうかうまい難易度だと思います。
アイテムがガンガン手に入るので出し惜しみしなければ押し切れるかなー。
僕はアイテム使いたくないんでちょくちょく全滅しましたが。


中盤から終盤は各ジョブの奥義が強力過ぎてややぬるゲーですね。
奥義取得したてとかは、ちょっと使用を控えたほうが楽しめるかも。
FFタクティクスのオルランドゥほどではないですが、ややバランスブレーカー。


で、肝心のストーリー。
世界がドラゴンに支配された後が舞台になるわけですが、
作中でも「これはドラゴンとの戦争だ!」などとセリフが度々でます。
そのせいか、全体的に話が暗い。
ネームドキャラがポンポン死んでいくし、
せっかく救助した人が、催眠派でさらわれて敵の養分にされたりと、
やっててやるせなくなります。
まぁ、そういうストーリーなんでしょうがないですけど、
僕の好みではないですね。
自衛隊捨て駒作戦とか、もやもやが残ります。(指揮した人がアレだったんですが)


で、非常に良かった点として初音ミク!
いわゆる、ボーカロイドで有名な初音ミクなんですが、
同じセガってこともあり、BGM要因で登場します。
個人的にプレイアブルキャラクターでも良かったんですが、
BGMが全曲初音ミク仕様に切り替えられるオプションの登場!
これは力が入っているように感じました。
ところどころボーカル入ってますしね。
ペルソナ程ではないけど。


ところどころにある、パロディ要素も結構好き。
道中の看板とか、装備品とか、セリフとか。
投擲武器のドリームキャストに胸が熱くなる。


裏ボスについてですが、
正直、展開から正体はおおよそつかめます。
つかめるんですが、あれは強かった。
ストレートにきてレベル80で負けて、レベル上げしましたからねー。
最後はドラゴン幼体からのエグゾースト回復奥義ぶっぱで勝てました。
最大HP400に対して4桁オーバーのダメージは無理。
デコイ必須ぽ。


全体的には、前作や世界樹と似たような感覚でプレイできたためか、
十分に楽しめました。
後半の奥義封印してのリアクトゲーが大好きです。
前作とのつながり示唆っぽいこともちょこっとだけありましたし。
そのうち、セブンスドラゴン2020Ⅱも買いたいな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。