どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
人は成長する
今日もいつもの学校の話。
前回、悪さして停学がでたような話をしましたがその続き。


もちろん、この生徒、停学なるくらいですからそもそもの態度も悪かったわけです。
停学者は教室ではなく、別室に登校することになるんですが、
その別室でも反省してるのかしてないのか、そわそわそわそわ。
人の話も右から左で暖簾に腕押し、ぬかに釘状態でした。

それでも、1週間毎日、居眠りもせず、私語もせず机に向かい、
反省の弁を記したり、勉強をしたりと監督の先生の下過ごしました。
毎時間毎時間違う先生が訪れて、指導がありました。

その結果、停学ら1週間が経つころにはとても素直に人の話を聞けるようになりました!
挨拶も自分からすることができ、
僕の数学に対しても別室のマンツーマンという状況ですが、意欲的に取り組んでいます。
数学についての話も、雑談も、ちょっといい話?も人の話をきちんと聞けるようになりました。
やっぱり、一時的なものだとしても、これだけ変わってくれるとかわいく見えてくるものです。
坊主頭をよしよししたくもなります。
その態度も認められてか、停学は10日で解除となり、教室へ戻りました。
本人もそれはうれしそうです。

ここで、次の問題が、環境が戻ったことで本人も元に戻らないかということです。
今のところ、授業態度もしっかりと良くなり、いたずらや悪さもなくなってます。
経過を見守りつつ、道を踏み外さないように指導しないといけないんでしょう。
僕もがんばろう!
と、思いました!まる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。