どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
成績確定
そろそろ高校は2学期も終わります。
となると、生徒の皆さんの気になるところは成績。
評定が気になりだすころあい。


そしてそして、僕も人生初の成績確定なのだ。
んで、成績を確定するにあたって、学生時代は知らなかった裏情報も入ってきます。
小数点以下は切り上げとか、
履修は必修、習得は1科目落としていいとか。
たぶん、うまいこと探せば抜け道出てくるんじゃないかなー。
もちろん、1科目捨てていいなんて生徒が知ったら勉強しなくなるんで内緒です。
おそらく調べたらわかることなんでしょうが、
学生時代の僕はそんなこと考えてもみなかった。
(ってか単位制の話は大学でようやく理解したくらい)


そんなわけで、成績を集計しているわけです。
が、どうしようもなく悪いやつは悪い。
試験の点数も低ければ、提出物も出してない。
授業中は寝るか遊ぶか。
点のやりようがない!
だからと言って、どん底点をつけると、
追試や留年になってしまいます。
自己責任じゃないか!と思うんですが、今の世の中、留年はあまり出さないらしい。
そのために、なんとか点数の基を作ってくれと、ノートやら課題の提出を急がせてます。
それに、もし進級後に心入れ替えてめちゃくちゃ一生懸命がんばりだして、
志望校受かりたい!ってなったけど、評定1回低かったことが響いてダメでしたー。
ってなったらかわいそうかなー。って思ってしまう。
自業自得って言っちゃえばそれまでですけど。




ってなことをウンウン考えながら点数つけてます。
まー、採点基準があるんで、僕の裁量の及ぶ範囲はほとんどないんですけどね。
ドンマイ!って言いながら赤点をつけてやるのさ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。