どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
愛はコンビニでも買えるけれどもう少し探そうよ
昨日の夜の12時過ぎに女の子の友達から電話がありました。
半年に1回会うか会わないかくらい、ほとんど会ってない人だけど、
この子は仕事がきついーとか、何かあったら電話してくる子。


んで、うたた寝してた僕は寝ぼけて電話に出て、
どしたーとか聞いてたら、振られたーだって。
ちょくちょく連絡はもらってたけど、
好きな人がいたとかそんな話は初耳で、
最初は友達に約束すっぽかされたのかと思って話し続けて悪かった。

聞けば、半年くらい前に友達の紹介で知り合って、
月2回くらいデートしてて、ついに昨日告白したらしい。
そして駄目だったらしい。
話した限り元気そうに聞こえたけど、かなりきついはず。
こんな時に他人に助け求めるだけでもきついはず。
と思って、近いうち会おうか誘ってみたけど、会いたくないみたい。
んーどうしたもんだろう。
とりあえず今日はこっちから電話してみようかなぁ。
せっかく頼ってくれてるのに何もできてないー。
自分がきつい時に誰も助けれくれないのは辛いからね。
逆の立場の時は僕ががんばらないと。
困ったときはお互い様だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。