どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
夢占いの結果が気になる夢をみた。
今朝、なんかすんごい夢をみた。



電車の中から夢はスタート。
夢のなかで誰かはわからないけど、友達といます。
電車が駅についてみんなでホームへ降ります。
僕が電車から一番最後に降りたんですが、
すれ違いで乗り込む人たちが3人いました。
3人のうち、2人が先に乗り込み1人が続いて乗り込みます。
その、最後の1人が手に拳銃を持っていました。
前の2人はどうも人質らしい??
友達は全然気づいてないらしいけど、僕はもうやべーってパニック寸前。
でも、電車が出てしまったので、
気づかれてないのかな?とにかくこの場から離れて110だ、と思ってたら、

後ろからバーン!

僕の左足首が撃たれました。
犯人だけ電車から降りてたのです。
足を撃たれた僕はその場で転んで、友達はみんな逃げていきました。
僕も立ち上がって逃げようとしたら、続けざまにバンバンバーン。
後ろから背中を3発と、腰と左手首を撃たれました。
幸い、背中を撃たれた玉は骨などに阻まれて臓器までは届かず致命傷ではありません。
打ち終わった犯人が周りの様子を伺ってる隙に駅から逃げ出す僕。
すでに7発撃たれてて歩いて逃げてるあたり、夢のなかの生命力半端ない。

駅を出たら車も人気も全くない大通りです。
こんなだだっ広いところにいたってすぐに見つかる!
そう思った僕は近くのケーキ屋?お菓子屋?に逃げこみました。
店に入るなり、かくまってくれ!とりあえず救急車を呼んでくれ!と叫びます。
手首のキズが腫れており、足も背中も痛いです。
そこから犯人来るな犯人来るなと念じつつ、救急車を待ちます。
しかし、待てども待てども救急車はやってきません。
そこへ犯人が店の前を通りかかり…


ってところで夢終了。
いったいどんな夢なんだこれは。
夢占いの結果が気になる。
誰かやってちょ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。