どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
君の家に着くまでずっと走ってゆく
また、復縁する夢を見た。
もー、何回目だろう!

今回は、何の拍子かは、わからないけど、
長電話をしていまいました。
結構久しぶりなので、ちょっとつっかえつっかえしながら。
どういう内容かは覚えたいけど、結構長電話。
で、電話の最後に会うことになって、
そのまま真っ直ぐ急いで会いに行ってって感じの夢。


目が覚めたら当然のようにベッドの上でさ、
携帯を見てみてもそんな履歴なんてこれっぽっちもなくてさ、
妙にリアリティのあるように感じる夢でさ、
しばらくボーってしてたけど、やっぱり夢は夢だった。
そんな朝方。


どんより学校行ったけど、何か有るわけでもなく、
夕方近くにようやくどんより抜けてしっとり気分になってきて、
そのまま塾行ってって感じ。
あーどよどよ。

そうだ、どんより気分の人をどよらーって呼ぼう、そうしよう。




前の記事、拍手2パチパチありがとうございます!
わーい!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。