どこまでネタ?どこまでフィクション?いいえ、これらは《ほぼ》ノンフィクションです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
やっぱり卒業はさみしいものだ
この度、無事修了式を終え、学位授与式にて修士学位をもらいました。
博士前期課程の学位ですね。
こんな風に文字にするとなにやら凄そうな響き。
実際、こんなちゃらんぽらんなわけですが。

これにて、6年間の大学生活が終わります。
3年間慣れ親しんだ我が研究室ともおさらばです。
僕の代が1期生、一番先輩なわけだったんですが、
僕は良い先輩だったのか、ちょっと不安です。
とても居心地の良い研究室で、特に今年は最高に楽しく過ごしました。
こんなに学校に行きたくなったのは小学校以来だ。
もしくは好きな人絡み以来だ。


毎度のことなんですが、こんな卒業とか部活の引退とか苦手です。
人と別れること、離れることが苦手です。
そりゃぁ会おうと思えばいつだって会えるんですが、
それはつまり会おうとしないと会えないわけで。
そして、だんだん僕の荷物がなくなっていく研究室。
確実に僕の居場所がなくなっていく研究室。
さびしいなぁ。
部活引退した日も、最後のプールサイドにみんな帰ったあとにぼーっとしてました。
だれもいないプールで全力で泳いでみたり、ちょっと叫んでみたりしました。
さびしいなぁ。
こんな感じが、彼女の心の中とだぶってきてさ、
彼女の心の中からもだんだんと僕がいなくなっていったんだろうなぁって考え出したら、
もう悲しくてたまらなくてさ。
終わったことはどうにもならないことはもちろん分かっていてもね。
この1年で僕はどれくらい成長できたんでしょうか。



ってか!
卒業式の日って言ったらそのまま研究室とかで飲み会行ったりするだろー!
なんでうちの研究室は普通に実験やってんだよ、
僕の同期の子は午前中で帰るんだよ!
余計さみしいじゃないか。
スポンサーサイト
封印を解いた
ニットとマフラーと財布の話。
1年の封印を解きました。

ニット帽とマフラーは彼女さんからのプレゼント。
昨年3月に彼女の家でふられて以来、
その日の帰りに車に置いて以来、一年ぶりに使い始めました。
運転席と助手席の間において、上からひざ掛けで隠して一年です。
何かしらの心境の変化があったんでしょう。多分。
後輩の卒論が終わった2月の末から使い始めた覚えがあります。
イギリスフランス旅行にも持って行きました。
ぬくぬくでした。
ちょっと悲しいけど多分大丈夫。


財布の話。
僕の財布、小銭で溢れています。
5円と50円で溢れています。
これも、去年彼女さんと別れた日からずっと貯め続けてたやつ。
もう一度ご縁(5円)がありますように。
ご縁が十分(50円)ありますように、と。
彼女さんと付き合うまでにも同じことをしてたから、願掛け。
周囲の人からはなんでこんなことしてんのって理由をしょっちゅう聞かれたけど、
理由を答えたら叶わない気がして、ずっとはぐらかし続けて。
でも、もう辞めました。
1回の支払いで1枚ずつって自分ルール設けて使っていきます。
1年分でめちゃくちゃ貯まってるんだけどね。



実はというか、もうすぐふられて1年です。
ふられた日、自分のダメな点を1個1個挙げられてました。
その時、1年後もう1回話したいと僕は言いました。
その1年がもうすぐ経ちます。
どうしたものだろうか。
1年、ほとんど一切連絡とってません。
mixiで微妙に動向が見え隠れしてるくらいです。
ただ、以前の記事にもあるように彼女のmixiのつぶやきが辛い。
果たして、僕は彼氏さんのいる中、連絡とるんだろうか。
辛いってことは僕はまだ彼女さんのことが気になっているんでしょう。
好きなんでしょう。
けどさ、今会って話して、何をどうしたいのかわからん。
ってか、そもそも会ってくれるかどうかの時点で怪しい。
そして、どんな結果にしろ、激しく動揺することになりそう。
また立ち直れないような状況なることが怖い。



1年前の僕が一方的に言ったこと覚えてるのかな。
彼女さんから連絡くれたら、それはもうめちゃくちゃ嬉しいんだけど、
絶対にそんなことは起こらないわけで。
絶対なんてそれこそ絶対存在しないけど、まず間違いなく起こらないわけで。
僕が動かないと何も変わることなんてないわけで。
帰国の報告
今週末、無事に帰国しました。
帰国したタイミングで日本では大地震が、
フランスではリビアに空爆などのニュースが耳に入りとても驚いています。
被災地の方々、ご覧の方々のご無事をこの場を借りてお祈り申し上げます。


以下、ちょっとだけ旅行の話。



イギリスフランス旅行では、
見て回りたいものはだいたい観て回ることができました。
ロンドンからソールズベリーのストーンヘンジも行けたし、
TGVでモン・サン・ミシェルもしっかり!
ルーブル美術館もヴェルサイユもばっちり!
食事はといえば、
イギリスのフィッシュ・アンド・チップス。
フランスではエスカルゴに始まり、
モン・サン・ミシェル名物オムレツや、クレープ。
それにフォアグラ!仔牛の首肉(多分)!
非常に美味しく贅沢に頂いてきました。


写真は1290枚。
旅日記も日本一周の続きにカキカキ。
ひとつやり残したことといえば、
現地の人と交流ができなかったこと。
悔しい。
絶対この点が今の僕に欠けている大きな点の一つで間違いない。


最後に一言、
イギリスもフランスもほんとに実在する!


今後の予定としては、
・書きたいことがたまってるのでつらつら書いていきたい。
・日本1周記をさっさとまとめる。
・イギリスフランス旅行記もまとめる。

以上の3本で行くぞ。やるぞー。
凹んでる暇なんかないんだ。
自分が動かないと世界は変わらないんだ。
出発だ!
こんな時間ですが、まだ学校。
明日出発ですが、まだ学校。
荷造りしてないですが、明日出発。


早く帰って準備しなければ!
色々出発前に書きたいことがあったんですが、
時間がないない全然ない。
TGVの予約に手間取りすぎた。
そしてまだ完了していないという。


とりあえず行ってきます!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。